トップ > ダイエットに関する知識 > ダイエットでよくあるリバウンドの失敗

ダイエットでよくあるリバウンドの失敗

ダイエットでよくある失敗と言えばリバウンドですね。3キロ痩せても3キロ太って元の体重に戻ったり、5キロ太って以前よりも体重が増えてしまうこともあります。

なぜリバウンドが起こるかというと、ダイエット中よりも食べる量が増えることが原因の1つです。ダイエット中にストレスがたまり、今まで我慢していた反動で暴飲暴食してしまうことがあるので注意しましょう。

もう1つの原因としては、無理なダイエットで筋肉の量が減ってしまうことが考えられます。食べる量が増えたならリバウンドするのはすぐにイメージ出来ると思います。では筋肉量が減ることでリバウンドしてしまうのは何故でしょうか?

人間が生きるために必要なカロリーを基礎代謝と言います。基礎代謝は呼吸などで消費されるカロリーのことで、運動による消費カロリーは含まれていません。筋肉が多い人ほど基礎代謝は高くなります。つまり筋肉が多い人ほど痩せやすいと言えるのです。

急激な食事制限などの無理なダイエットをすると、脂肪だけでなく筋肉も分解されて減ってしまいます。そうすると基礎代謝が低くなってしまい太りやすい体になるのです。無理なダイエットをするとリバウンドしやすいというのは、筋肉が減って基礎代謝が低下してしまうのが大きな理由です。

リバウンドをしないためには、少しずつダイエットをして筋肉を減らさないことが大切です。具体的に言うと、基礎代謝によるカロリー消費と運動によるカロリー消費よりも摂取するカロリーが少しだけ少なくなるようにします。

体脂肪1キログラムあたり約7,000キロカロリーです。1ヶ月で1キログラムの体脂肪を減らしたいときには、1日あたり7000/30=233.3キロカロリー減らせば良いことになります。

1日の基礎代謝が2,000キロカロリーの人なら2000-233=1767キロカロリーを摂取していれば、運動しなくても1ヶ月で1キロの体脂肪が減ることになります。

200キロカロリー程度なら普段飲んでいるジュースなどをダイエット茶に切り替えるだけでもカロリーカット出来ると思います。このときダイエット茶を飲ん出来るからと言って、普段よりも食べる量が多くなると失敗するので注意しましょう。

また、もっと早く痩せたいからと言って摂取カロリーを大幅に減らすと筋肉が減ってリバウンドの原因となります。短期間で激的に痩せようとするのではなく、ゆっくりと健康的に体重を落としていくのが理想的です。1ヶ月に2~3キログラム程度のダイエットを目安にするのが良いでしょう。

ダイエットでよくある失敗と言えばリバウンドですね。3キロ痩せても3キロ太って元の体重に戻ったり、5キロ太って以前よりも体重が増えてしまうこともあります。 なぜ