トップ > ダイエット茶 体験レビュー > ティーライフ メタボメ茶体験レビュー > ティーライフ メタボメ茶を飲んでみました

ティーライフ メタボメ茶を飲んでみました

パッケージには、メタボメ茶の茶色の背景が表示されています。落ち着いたシックな色合いです。メタボメ茶にブレンドしている"プーアール茶"、"黒豆"、"烏龍茶"、"杜仲茶"が記載されています。

上部にしっかり閉めることができるチャックもついているので、開封後湿気を防ぎこのまま保管することができるので便利です。何度もチャックを使用しているうちに、チャックが緩くなることもなく、最後までしっかり閉まります。


パッケージの裏面には、メタボメ茶の美味しい入れ方が記載されています。この記載によると、1杯300ml程度なら、1つのティーバッグで2~3杯目程度までは入れることができるようです。

ポット用となっていますが、夏の暑い季節には、アイスティーとして飲むこともできるようです。夏の麦茶代わりに家族で飲むのもいいと思いました。


パッケージを開けてみると、中には長方形のティーバッグが入っていました。 開けた瞬間に、中から香ばしい風味が漂ってきました。

ティーバッグの素材がとても柔らかく、メッシュのような網目状の模様があるので、茶葉がよりよく抽出されそうです。 ティーバッグの素材は食べられるとうもろこしを使用しているので、このままポットに入れてお湯を注いで抽出しても安心して飲めますね。


お湯を入れると、その瞬間にすぐ茶色の成分が抽出され、香ばしい香りが漂ってきます。 このまましばらく2~3分程度放置するだけで、しっかり成分が抽出されるようです。 時間がなく急いでいる時には、ポットを少し揺らすと、成分が早く抽出されるので、忙しい方にも便利です。強いていうなら、ティーバッグに紐が付いていたら、茶葉を揺らしやすく便利なのになぁと思いました。


茶葉のティーバッグを入れたまましばらく放置してみたところ、濃い茶色の液体になりました。 烏龍茶よりも濃い色です。香ばしい香りもさらに強く感じます。香りは烏龍茶に近い香りですが、やや黒豆の香ばしい香りも漂ってきます。

本格的な中国茶のような風味なので、最初の飲み始めの時は少し抵抗があるかもしれませんが、慣れると良い風味に感じると思いました。


抽出したメタボメ茶を飲んでみると、プーアール茶や烏龍茶にある独特の渋みや苦みがなく、さっぱりとした飲みやすい味でした。 食事と一緒に飲んでも、甘いお菓子と一緒に飲んでも合う味でした。さっぱりとした味なので、特に油っぽい料理にはぴったりでした。

今や我が家では、食事に飲んでいた烏龍茶や緑茶の代わりにメタボメ茶を飲んでいます。


パッケージには、メタボメ茶の茶色の背景が表示されています。落ち着いたシックな色合いです。メタボメ茶にブレンドしている"プーアール茶"、"黒豆"、"烏龍茶"、"